なぜ今デジタルマーケティングに取り組まなければならないのか?

スライド1

デジタル化が進んでいる今日、改めて企業のデジタルマーケティングに対する取組みが必要とされています。
今回は、改めて「なぜ今デジタルマーケティングに取り組まなければならないのか?」という疑問についてお話していきます。

 

目次

1:スマートフォンによる消費者の情報取得方法の変化
2:企業の顧客データ取得が用意になった
3:デジタルマーケティングに対する抵抗感をなくす

1:スマートフォンによる消費者の情報取得方法の変化

 

スライド2
数年前Appleが初代iPhoneを発売開始した時期からスマートフォンの普及がぐっと加速しました。それまではいわゆるガラケー(電話)が携帯のメイン機能でした。しかし今ではスマートフォンの普及によって、移動中にメールやゲーム、ネットサーフィンなど多くの情報にアクセスできる時代になりました。

消費者から見れば便利な時代になったと言えます。

一方で、消費者に向けた情報を発信している企業から見ると、この消費者の行動(ネット上から取得できるビッグデータ)を、いかにしてマーケティングに活用できるかということが論点となってきています。

 

2:企業の顧客データ取得が用意になった

 

スライド3
いわゆる顧客情報は日々企業の中に蓄積されています。氏名やメールアドレス、電話番号といった情報の他にも、先述のスマートフォンの普及に伴って付加情報が簡単に取れるようになりました。例えば、何時何分に◯◯駅のカフェにいて、△△を注文し、いくら支払ったのか、など。

もちろん、個人を特定することはできませんが、いつくかの会員情報や店舗データ、地理データなどを組み合わせることによって、一つの消費者「群」として、どういう行動をしているのかを、企業側が把握できるようになっています。

これは、一昔前であれば、第三者機関にデータ分析を依頼しなければ得られなかった情報です。現在では、自社で運用できる簡単なツールで、ある程度の消費者行動ならば分かる、そういった時代になってきました。

企業側では、こういった「リアルでの顧客の行動」を把握することで、より効果的なアプローチ方法は何か、顧客の行動を次につなげるにはどのような情報をどのようなタイミングで届ければ良いかなど、具体的なマーケティング手法に置き換えて検討することが出来ます。

 

3:デジタルマーケティングに対する抵抗感をなくす

先述の通り、消費者がスマートフォンやデジタル機器にに常に触れている時代です。つまり、顧客の行動一つひとつを、デジタルマーケティングにおける需要な「データ」として扱うことが可能になったのです。もちろん、個人情報の取り扱いには十分に留意する必要はありますが、企業側ではデジタルの力を使い、より確実性の高いマーケティングを行うことができるのです。
高度な知識を必要とせず、マーケティングに必要な情報を得る、活用するツールもどんどん出てきます。
ここでお伝えしたいのはデジタルマーケティングについて、抵抗感をもたずに取り組んで頂きたいということです。

抵抗感をなくし、ここでご紹介していく手法・事例をもとに自社にあったマーケティング戦略として活かしていってください。

Pocket

関連記事

サービス

  1. 登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

セミナー/イベント情報