「マーケティング4.0」と最新デジタルマーケティング

DM_201708-2-1

みなさんは、「マーケティング4.0」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?現在のところ、この言葉を正確に理解し、実践している企業は少ないといわれています。今回は「マーケティング4.0」と最新デジタルマーケティングを、実例を交えながらみていきます。

 

「マーケティング4.0」とは?

「マーケティング4.0」は米国の経済学者のフィリップ・コトラー教授が提唱したマーケティングの段階を指す言葉で、「マーケティング」という理論が、現在4段階目に来ていることを指しています。1.0から3.0の段階を簡単に説明すると、

  • マーケティング1.0:「商品中心のマーケティング」でコストを抑えて商品をつくり、多くの人に広告などで宣伝をする手法
  • マーケティング2.0:「消費者中心のマーケティング」といわれ、顧客中心の商品開発や販売をしていく手法で、商品の体験イベントやブランド化が進められた時代に普及
  • マーケティング3.0:「価値主導マーケティング」といわれ、より企業が社会や世界貢献を意識して商品だけではない価値をユーザーに提供する段階であり、企業がより地球環境には配慮するようになったり、地域、社会の人々のライフスタイルを変えたり、ユーザーの人生観や精神面に大きな影響を及ぼす価値を提供するマーケティングを指す

そして今回の「マーケティング4.0」は「自己実現と共創」がテーマになっており、企業とユーザーが共に商品やサービスを開発したり、ユーザーの理想の姿を企業が一緒に追求する段階であるといわれています。インターネットの普及により、SNS等やチャットBotで双方向のやり取りが活発に行われる時代となりました。

 

「マーケティング4.0」成功の実例

「マーケティング4.0」を実践して成功している“レッドブル”を事例にみていきましょう。「レッドブル、翼をさずける」という有名なキャッチコピーがありますが、これは単なるエナジードリンクの宣伝ではなく、「理想の自分になるための飲み物」というコンセプトで、マーケティングを展開しています。

レッドブルのマーケティングの特徴は、フェイスブックやツイッター、グーグル+、インスタグラム、ユーチューブなど、SNSを駆使しながらもレッドブルの製品自体はあまり宣伝していません。紹介動画などに優れたパフォーマーやアスリートを登場させて、レッドブルがサポートをし、ユーザーの自己実現をアピールしているような演出をしています。

商品はあまり登場していませんが、ユーザーに強烈な印象を与え、それが認知と信頼に変わり、ユーザーに「一緒に自己実現をしていこうという」メッセージを伝えています。

 

「マーケティング4.0」とデジタルマーケティング

今後企業は、デジタルマーケティングのテクノロジーの進化にともない、ユーザーとのより密接な双方向のコミュニケーションが可能となってきています。いかに一人一人の自己実現と共創をサポートしていくかが、今後の“鍵”となってくるでしょう。

インターネットが普及し、人工知能も進化している現代では、ユーザーとのコミュニケーションはもちろん、チャットによる自動対応や、いままでは見えなかった「購入までのユーザーの行動パターンの分析」もできるようになってきています。

またビッグデータの蓄積も進んでいますので、よりユーザー個人ごとへのアプローチがカスタマイズできます。一方で、大量のユーザーに一気にアプローチすることも、可能になってきています。

モノが溢れて豊かになり、人々の欲求も進化してきています。今まさに、商品やサービスを購入することで、一人一人の理想が実現する時代がすぐそこにやって来ているのかもしれません。

 

DM_201708-2-2

 

まとめ

「マーケティング4.0」は1.0から3.0の段階を経て、現在ではユーザーの自己実現と企業と共に商品やサービスを開発する共創の段階にまできています。デジタルテクノロジーの進化とともに、よりユーザーとの距離が縮まり、密なコミュケーションが可能となりました。

今後、企業とユーザーがともに商品やサービスを開発する「マーケティング4.0」を実践する企業は増えていくでしょう。

 

Pocket

関連記事

サービス

  1. 登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

セミナー/イベント情報