デジタルマーケティングと、インバウンド戦略/アウトバウンド戦略

DegitalMarketing7-1.jpg

マーケティングには、いわゆるインバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングがあります。これがデジタル化されると、どうなるのでしょうか?ここでは、デジタルマーケティングと、2つのマーケティング戦略との関係性をみていきたいと思います。

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの違い?

オウンドメディア(ホームページ)や、セミナー、SNSなどで有益な情報を発信し、見込み客から見つけてもらうマーケティング施策をインバウンドマーケティングといいます。売り手側から過度な売り込みをするのではなく、顧客側から主体的に選んでもらう仕組みです。

一方で、広告出稿をはじめ、展示会や新規の電話営業など、売り手から見込み客に対してプッシュのアプローチを行うマーケティング施策を、アウトバウンドマーケティングといいます。不特定多数の人に向けた施策が多いのが特徴です。

デジタルマーケティングとインバウンドマーケティングの関係性

「インバウンドマーケティング」とは、何らかの形で自社に対して“お問い合わせ”などの行動を起こしてくれた顧客(もしくは顧客になり得るユーザー)に向けて、有益な施策を打つことです。オンラインの活用頻度が高まってきている今日、表面上、デジタルマーケティングとインバウンドマーケティングは、非常に似ているように見えます。いずれの手法も、主にオンラインで行われ、ユーザーがデジタルコンテンツを利用することに焦点を当てています。

※この図は、デジタルマーケティングに限ったものになります。説明簡略化のため、オンラインとオフライン、デジタルであるか否かの説明は割愛しています。

一方で“デジタルマーケティング”の世界では、インバウンドマーケティングアウトバウンドマーケティング区別しません

デジタルでのインバウンドマーケティングは、オンライン上のコンテンツを使用して、ターゲットとするユーザーを、自分のウェブサイトに引きつけるために役立ちます。デジタルマーケティング資産を活用して、オンラインで顧客を集め、ファンにし、購買まで至らせるための方法です。最も簡単かつ最も強力なデジタルインバウンドマーケティング資産の1つは“ブログ”です。

一方のデジタルでのアウトバウンドマーケティングは、ユーザーにとってのコンテンツとの関連性や、歓迎されているか否かに関わらず、オンライン上で可能な限り多くの人の目に触れることを目指しています。例えば、多くのウェブサイトの上部に表示される目立つバナー(画像)広告は、必ずしもそれを見たいとは思っていない人に向けても、商品を宣伝しています。

しかし、デジタルマーケティングを広くとらえた場合は、インバウンドアウトバウンドに関係なく、あらゆる種類のオンラインマーケティング戦略のをまとめたものとして考えます。

 

デジタルマーケティングは全ての企業で機能するか

デジタルマーケティングは、基本的にはどの業界のどのビジネスでも機能します。ユーザーのニーズを特定し、貴重なオンラインコンテンツを作成するための材料と成りえるからです。
しかし、全ての企業が同じようにデジタルマーケティング戦略を考えるべきだという結論にはなり得ません。

【B2Bの場合(対企業戦略)】

あなたの会社がB2B(対企業)での事業を行っている場合、最終目標は相手先企業の営業担当者とコミュニケーションを取ることです。そのため、マーケティング戦略の役割は、ウェブサイトやデジタルチャネルを通じ、相手企業の営業担当者に向け、最高品質の情報を提供し、コンタクトを図ることにあります。

【B2Cの場合(対ユーザー戦略)】

あなたの会社がB2C(対ユーザー)での事業を行っている場合、デジタルマーケティング活動の目標は、個人のユーザーをウェブサイトに誘導し、顧客化することです。B2C企業にとって、InstagramやPinterestのようなサービスは、ビジネスに重点を置くサービスのLinkedInよりも価値が高いことがよくあります。

このように目的に応じて、デジタルマーケティングの有用性や役割自体も変わってきます。誰に対し、どのようなアクションを取って欲しいのかを明確にした上で、それぞれのユーザーのレベルに見合ったコンテンツを用意する必要が出てきます。
次回は、どのようなコンテンツを用意する必要があるのか、段階別にご紹介していきます。

Pocket

関連記事

サービス

  1. 登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

セミナー/イベント情報